アセアンパラゲームが終わり帰国。学生トレーナーに伝えたいこと。

昨晩、クアラルンプールから帰ってきました。

大阪に到着し、今は名古屋。笑

 

新幹線でも不覚にも寝てしまったのですが、

今自分がどこに向かっているのか一瞬わからなくなりました。笑

 

 

さて。

クアラルンプールにはアセアンパラゲームの視察と

サポートもさせていただいたラオスチームの応援に行きました。

 

僕が帰る日にはブラインドサッカーの決勝戦でした。

惜しくも銀メダルでしたが快挙です。

ブラインドサッカー銀メダル!

 

ラオスのみなさま、ADDPのみなさま。

本当におめでとうございます!
 

東南アジアの可能性

3年前から東南アジアに興味を持っています。

師匠的な経営者から教えてもらって即決で行ったバンコク。

 

勢いを感じました。

 

今回はマレーシアの首都クアラルンプールへ。

今回も勢いを感じました。

貧富の差が激しそうな巨大ビル群と民家

 

日本代表トレーナーの枠はない

日本にいて学生たちと接していて思うのは

『スポーツを仕事にしたい』と口にする人が多いこと。

『東京オリンピックに関わりたい』とみんな言う。

 

個人的に仕入れた情報だと

【 日本代表のトレーナー枠は全部埋まっている 】のです。

今の学生トレーナーが日本代表のトレーナーになるのは限りなく不可能に近いことです。

 

それでもスポーツ系の大学、専門学校は増えている。

 

少なからず2020年にスポーツに関わりたい。

可能なら国を背負うような立場で・・・

そう思うのは当然です。

 

学校はそんなふうなマーケティングで学生を集めているのだから。

 

 

日本代表が無理だからやる気がなくなる。

東京オリンピックに関われないから諦める。

 

ではなく!!
海外なんです。

 

特に東南アジアはチャンスだらけ。

 

会場を回って気づいたこと

今回のアセアンパラゲームで気づいたこと。

トレーナーいないんですよね。

 

なかなか派手に転倒しても、飛び出ていくのはコーチ(っぽい人)。

走った後に2人ぶっ倒れて救護(っぽい人)が出てきたように見えたら

担架を持ってくるんだけど、素人がほとんど。

もう一人は謎の車椅子搬送。

 

トレーナーが入る余地がありそうですよね。

学生でも可能なんです。

そこでお金が発生しなくても実績になる。

 

いきなり国を背負えるなら世の中のほぼ全ての人が日本代表。

積み重ねが大事。

 

もう一度言います。

トレーナーいませんでした。

 

ATもストレングスも。

MEDICALと背中に入ったスタッフはいましたが。

日本が無理なら逆転の発想で世界進出から。

 

そんなことを帰国して思います。

 

 

次回のアセアンパラゲーム。

そしてSEAgamesには行きたいと思います。

 

脇坂大陽

 

学生無料!学生も企業も絶賛募集中!!

 

インターン生募集中

スポーツを仕事にする為にスポーツアライアンスで学びませんか?

実践の学び中心で行います。

詳細はこちらのページをご覧ください。

 

月間アクセス数10000超!!!

現インターン生(sports alliance CREW)活動ブログ

→→ http://ameblo.jp/sports-alliance-crew/

 

 

スポーツアライアンス主催講演会 

スポーツを仕事にしたい人向けの講演会です。

大好きなスポーツで起業した脇坂をはじめ、業界で活躍する方をお招きしています。

学生無料 社会人は2000円です。

 

スポーツアライアンス主催トレーナー養成セミナー

※だいたい毎月定員になっております。

 定員になり次第、受付終了です。ご了承ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA