東京2020 新卒1年目の僕が挑戦する常識はずれの帯同方法

2020年、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。

多くのトレーナーがこのイベントに参加したいと思っているのではないでしょうか?

 

僕(桑原)もそう思う内のひとりです。

そしてこのままいけば、僕は80%の確率で東京オリパラに関わることができるでしょう。

 

それもボランティアではなく、「トレーナーとして」です。

 

現状として、学生や若手が日本代表のトレーナーとして関わることは難しいと言われている中でどうしてそんなことが言い切れるのか?

 

新卒1年目の僕が実際に挑戦している常識はずれの方法をまとめました。

おそらく若手が今から東京2020に関わるなら、この方法しかないと思っています。

本気で東京2020を目指す人の参考になれば嬉しいです。

 

桑原佑輔 (MR Yusuke KUWAHARA)

1995年1月27日生まれ

奈良県大和郡山市出身

ラオス在住の新卒1年目トレーナー。NGO団体アジアの障害者活動を支援する会(ADDP)にてプロジェクトコーディネーターとしてラオスパラアスリートのサポートを行っている

2020年東京パラにラオス選手を出場させることが目標。

 

 

2020年のオリンピック・パラリンピックにトレーナーとして関わる方法

多くの方は日本チームに入ることをイメージされると思いますが、僕の場合は違います。

僕の考える関わる方法は、『日本ではなく、途上国でトレーナー活動をする』というものです。

僕は現在、ラオスという東南アジアの途上国でパラ競技のトレーナー活動を行なっています。

 

具体的には、

パワーリフティング 

車椅子バスケ

水泳

ゴールボール

 

計4つの競技に関わっています。

その中には2020年の東京パラリンピックへの出場の可能性が高い競技もあります。

これから、学生や若手トレーナーがオリンピック・パラリンピックに関わるためになぜ途上国へ行くことが良いのかお伝えしていきます。

 

 

 

トレーナー文化がない

先進国ではナショナルレベルとなるとトレーナーがいて当たり前ということが多いです。しかし、途上国ではトレーナーという文化が入っていないと言えるでしょう。

実際、車椅子バスケの国際大会に帯同したときも、ほとんどのチームにトレーナーはいませんでした。帯同していた国のトレーナー(フィジコ)に話を聞いてみると『普段は理学療法士として働いているんだけど、国の偉い人から帯同してこい!と言われたんだよ。』というような調子で日常的にスポーツに関わっているわけではありませんでした。

普段の練習から選手をサポートとしているトレーナー文化は東南アジア圏内(特にパラ競技)ではまだまだ根付いていないようです。

文化がないので、トレーナーの絶対数もかなり少ないです。

なので、選手にトレーナーという職業を理解してもらうということが必要(これがめちゃくちゃ重要で難しいですが)となりますが、それさえできればトレーナーとして国際大会に関わる可能性は高くなります。

 

地元のチーム=ナショナルチーム

僕は今、ラオス在住ですが、学生時代にインターンとして2回ほど訪れる機会がありました。その時にいくつものスポーツ現場を見学に行きましたが、そのほとんどがナショナルチームでした。

ナショナルチームといえば聞こえはいいですが、要は他にチームがないんです。唯一あるチームだからナショナルチームということです。(サッカーだけは結構ありそうでしたが)

日本などの先進国では各競技に相当数のチームが存在していることが多いですが、ラオスにはまだまれです。

ですので、その唯一あるチームに関わることさえできれば、晴れて、ナショナルチームのトレーナーというわけです。

このような理由から先進国よりも途上国でトレーナーの活動を行うことの方が、オリンピック・パラリンピックに関わる可能性は格段に高くなると言えます。

 

 

 

まとめ

学生トレーナーの多くは日本のナショナルチームでオリパラに帯同したいと考えていると思います。しかし、オリパラへの関わり方は日本のナショナルチームだけではありません。他国、特に途上国でのトレーナー活動はナショナルチームへの道が開けやすいです。言葉が違うから・文化が違うからという理由で海外を避けがちになりますが、それは自分自身の選択肢を狭めてしまっています。僕は英語もろくにできませんし、ラオス語なんてもっとできません。ラオスへ移住して、必要性を感じてから少しずつ勉強するようになりました。トレーナーとしての活動はほんの少しだけの語学力でもある程度できます。日本で学んだ知識を他国で活かすことができるのです。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックにもまだ関われるチャンスは確実にありはずです。さまざまな舞台での活動を視野に入れて活動していってほしいです。

 

より詳しく聞きたい方は僕まで連絡下さい!

addp.kuwahara@gmail.com

 

それでは!

 

桑原

 

スポーツアライアンス主催講演会 

セミナー日程

開催日時間セミナータイトル ※( )なしは東京です詳細・お申込み
6月21日 (木)18:30~21:00実践 体表解剖学・下肢編 残席わずか
6月22日(金)18:30~21:00脊柱・胸郭の評価と強化(大阪) お申込はこちらから
6月23日(土)09:30~12:30ベーシックセブン(和歌山) 残席5
13:15~14:55ペルコン(和歌山)残席わずか
15:00~16:30ソラコン(和歌山)残席わずか
6月30日 (土)19:00~21:00実践!キッズ向けトレーニングお申込はこちらから
7月8日 (日)10:00~14:00筋膜遠隔テクニックセミナー JTAお申込はこちらから
7月15日(日)10:00~17:00リアライメントスリー 残席5
7月16日(月)10:00~13:00ベーシックセブン 残席わずか
14:00~15:30ペルコン残席わずか
15:45~17:15ソラコン残席わずか
17:30~19:00ベーシックセブンプラス残席わずか
7月22日 (日)18:30~21:00実践 体表解剖学・上肢編 お申込はこちらから
8月4日(土)10:00~13:00ベーシックセブン お申込はこちらから
14:00~15:30ペルコンお申込はこちらから
15:45~17:15ソラコンお申込はこちらから
17:30~19:00ベーシックセブンプラスお申込はこちらから
8月5日 (日)10:00~14:00筋膜遠隔テクニックセミナー JTAお申込はこちらから
8月11日(土)10:00~13:00コアフォース トレーニングお申込はこちらから
14:00~20:00リアライメントスリーお申込はこちらから
8月12日(日)10:00~17:00リセットスリーお申込はこちらから
9月2日 (日)10:00~14:00筋膜遠隔テクニックセミナー JTAお申込はこちらから
9月15日(土)10:00~13:00ベーシックセブン 7月21日より申込開始
14:00~15:30ペルコン7月21日より申込開始
15:45~17:15ソラコン
7月21日より申込開始
17:30~19:00ベーシックセブンプラス7月21日より申込開始
9月22日(土)10:00~13:00コアフォース トレーニング(愛媛)7月28日より申込開始
9月22日(土)
  23日(日)
13:30~19:30
09:30~16:30
スポーツコアコンディショニング(愛媛)7月28日より申込開始
9月24日(月)09:30~12:30ベーシックセブン(徳島) 7月30日より申込開始
13:30~15:00ペルコン(徳島) 7月30日より申込開始
15:00~16:30ソラコン(徳島)
7月30日より申込開始
9月29日(土)10:00~13:00コアフォース トレーニング(金沢)8月4日より申込開始
14:00~17:00スイングストレッチ(金沢)8月4日より申込開始
10月21日 (日)13:00~17:00筋膜遠隔テクニックセミナー JTAお申込はこちらから
11月11日 (日)10:00~14:00筋膜遠隔テクニックセミナー JTAお申込はこちらから
12月9日 (日)10:00~14:00筋膜遠隔テクニックセミナー JTAお申込はこちらから

 

スポーツアライアンス主催講演会 

開催日時間内容開催地お申込み
6月28日(木)19:00~20:30アスリートのセカンドキャリア構築法東京お申込はこちらから
7月4日(水)19:00~20:30アルゼンチンサッカーの実際東京お申込はこちらから
7月9日(月)19:00~20:30スポーツビジネスでのWeb活用法東京お申込はこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA