長いようで短い学生生活

多くの学生が夢見るスポーツ業界への参入。

しかし『 業界に入るのは難しい 』と言われるのがスポーツ業界。  

難しいと言われる理由の一つに 「 スポーツ業界で働く人のリアルの声を聞く機会がない 」 ということが挙げられます。

憧れのスポーツ業界で働くためには学生時代に何をしておくべきなのか?
実際に働く人にはどのように会えば良いのか?

あまり語られることのないスポーツ業界の実態を講師が学生時代からスポーツ業界で働き感じたこと見た事をお伝えします。

この講座ではスポーツ業界に入るために「 今 」やるべき事が明確になります。

こんな人にオススメ

■ スポーツに関わる仕事をしたい人
■ 「今」やるべきことがわからない人
■ スポーツ業界のリアルを知りたい人
■ キャリアが不明確な人
ひとつでも当てはまる人にお伝えしたい内容です。

参加申し込みはこちら

 

講師情報

脇坂大陽

一般財団法人スポーツアライアンス 
代表理事 トレーナーズアカデミー プロデューサー
国士舘大学スポーツコンディショニング講座講師

プロトレーナー育成の専門家。 野球、サッカー、陸上、空手、剣道、柔道、ボクシング、フェンシングと様々な競技のトレーナーを経験。 2019年には1047人のプロトレーナーの育成に携わり、大学や専門学校でも教鞭を執る。
教え子はヴィッセル神戸(Jリーグ)、秋田ノーザンハピネッツ(Bリーグ)、島根スサノオマジック(Bリーグ)、ブラインドサッカー協会、プロ野球選手マネージャーなど日本のプロスポーツの第一線で活躍。
またアメリカ、ドイツ、イタリア、ラオスなど世界のスポーツフィールドでも活躍する教え子たちも数多くいる。 『専門知識を学び、資格を取得してもトレーナーを職業にすることができない』という現状を打破すべく、トレーナー向け就活イベントの運営や、トレーナー・治療家専門のビジネススクールの講師として経営指導も行う。
設立した財団ではスポーツ分野で起業を目指す若手起業家、学生起業家を包括的にサポートしている。

講師からのメッセージ

スポーツ業界への憧れを持っているだけでは絶対に仕事にできません。

なぜなら多くのスポーツ関係の大学、専門学校の卒業生はスポーツを仕事にすることなく人生を送っているからです。

 大切なのは抜きん出ること。いい意味で目立つことです。

今回、紹介したいと思っているのは僕の事例もそうですが、教え子がいかにしてスポーツ業界に入って言ったのかの最新事例を紹介します。  
Jリーグからの内定をもらった話
新卒一年目のトレーナーがナショナルチーム帯同できている話
就職し1年目からスポーツイベントを開催しまくっている話
彼らが学生時代に何をしていたのか。

そして僕が彼らに課した課題は何なのか。  
包み隠さずお伝えします。

本気でスポーツを仕事にしたい人。

お待ちしています。

講座詳細

日時

2021年8月19日(木) 20:00〜21:30

開催形式

オンライン開催 ※zoom使用

受講費

無料 ※学生限定

参加申し込みはこちら

 

公開講座開催スケジュール

開催日時間内容開催地お申込み
9/120:00~
21:30
スポーツを仕事にするためのはじめの一歩オンラインお申し込みはこちら
9/1420:00~
21:30
夢を叶えるための目標設定術オンラインお申し込みはこちら
10/420:00~
21:30
夢実現のためのタイムマネジメントオンラインお申し込みはこちら