スポーツ現場で求められる治療家とは?

スポーツ現場では様々な傷害が発生しその対応力が求められます。またただ単に治療を行えばいいのではなく、試合の時期やシーズンを考慮した上での治療戦略が必要です。

この座談会では現役でアスリートのサポートをしている鍼灸・柔整、鍼灸マッサージ師のお二人が登壇します。
スポーツ現場で大切にしていることは何なのか。アスリートをサポートする上で心がけていることは何か。
机上の空論ではなく、トップアスリートたちから信頼を得るためのスキルや能力、人間性とは何かを学んでいただけます。
 
今回は特に『コロナの影響で起こっている怪我』についてお話ししていただきます。
過去に経験したことのない傷害や身体の不具合が多いようで、それはスポーツ現場でも同じように起こっています。
どのように対処しているのか、そして再発防止策として何を実施しているのか等お話ししていきます。

こんな人にオススメ

■ 将来はスポーツ現場で活躍したい
■ アスリートへの施術に自信をつけたい
■ アスリートのサポートをする治療家になりたい
■ スポーツ現場でのトレーナーの役割分担について学びたい
■ アスリートのサポートに関して悩んでいる
現役でトップアスリートをサポートしている治療家の本音を学べます。
※セミナーではありませんので技術的なことは丁寧にお伝えできません。

講師

露木俊治
・鍼灸あんまマッサージ指圧師
・柔道整復師
・KT TAPE 公認客員インストラクター

柔道整復師の資格を取得後、鍼灸あん摩マッサージ指圧師の専門学校へ進学。 在学中に『つゆき接骨院』を開業し、陸上競技を中心にバドミントン、野球、サッカーなどのアスリートをサポート。日本一の選手育成に治療家兼トレーナーとして携わる。
現在は東京都千代田区でどこに行っても治らなかったという様々な症状を持つクライアントの治療を行う傍ら、 治療院や介護施設へのコンサルティング業務、コンディショニングツール開発など、活動は多岐にわたる。
90%リピートされ続ける治療家養成講座開催中。

吉田康治
鍼灸マッサージ治療院ACU代表
・立命館大学硬式野球部トレーナー
・NESTA スペシャリストセミナー講師
・JCCA B級講師

立命館大学硬式野球部時代に、「最もチームに貢献するには」と考え抜いた結果、選手から転身し、チーム史上初の学生トレーナーを経験。現在は治療院を開院し、トップアスリートをはじめ、多彩なジャンルのクライアントをサポートしている。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は bottan-1-1024x240.png です

開催スケジュール

2020年8月29日(土)
講演:20:00〜21:30

zoomにて開催
zoomインストール方法:https://bit.ly/2MwVh7D

定員

WEB参加:30名限定

※トレーナーズアカデミー会員 2名限定で撮影現場で受講可能。
 撮影現場での受講希望の方は、事務局の朝比奈までご連絡ください。
 https://lin.ee/6lPOUmw

参加費

無料


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は bottan-1-1024x240.png です