【開催報告】海外×スポーツ×トレーナーの可能性


こんにちは!
スポーツアライアンスインターン生の中澤朋希です。

7/11に開催した
『サッカーを仕事にするためのはじめの一歩』の開催報ブログです。

講師は
アルビレックス新潟シンガポール CSOの田宮直人と
株式会社ONE FOR ALL メディカルサポーターの南部さんです。


田宮さんは
シンガポールに渡りアルビレックス新潟シンガポールを支3年連続全冠優勝に大きく貢献された方です。


南部さんは
スペイン・バルセロナに留学をして現地ではトレーナーとして活動をされていた方です。

スポーツ×海外×トレーナー

皆さんの夢はなんですか??

よく「スポーツ業界に就きたい!!」という人がたくさんいます。
僕もその1人でした。

「スポーツ業界」とは抽象的な言葉です。
例えばスポーツ選手、指導者、トレーナー、メデイア、スポンサー企業・・・
などなどたくさんありますよね!

今回はトレーナーについて考えていきます。

トレーナーの可能性


●トレーナーとは?

そもそもトレーナーとは何なのでしょう?
トレーナーとは、スポーツ選手が高いパフォーマンスを発揮できるように、
リハビリ、怪我予防、トレーニング指導を行う人のことです。


●どこでやるのか!?

日本のみでトレーナーを行うのか世界を視野にトレーナーを行うのかどちらの方が可能性が高まると思いますか?

正解は、
世界に視野を広げてトレーナーを行う方が可能性が高まります!

世界に目を向けると数百という国があります。
そのため可能性も数百倍に増えるということです。

海外でのトレーナー経験

南部さんからはバルセロナを始め、現地でトレーナーとして活動されていたことをお話していただきました。日本との価値観の違い、スポーツの規模の違いなど行った事のないヨーロッパのことをお聞きしてとてもワクワクしました。

南部さんは現地でトレーナーとして活動しながら、自分の治療院を開院されました。また、日本のドラマ撮影班がヨーロッパに来られた際にはスタッフのケア担当ということで撮影班に同行されました。

スポーツ現場のみでなく、撮影班に同行、治療院開院など南部さんのお話を聞いて、いろんな可能性があるんだと思えました。

 

最後に

このように、
スポーツ業界に携わりたいという抽象的なものではなくスポーツの何の職でどこで(どこまで)視野を広げることができるかがとても大事です!

今回、田宮さん、南部さんの話を聞いて僕は大きな夢ができました。
それは、ロービジョンフットサル日本代表として、
「世界選手権」で優勝すること、
「世界的な」ビッグクラブを作ることです!!

皆さんも視野を広げて夢を追いかけてみませんか?

今後の公開講座の開催日程はこちら!

開催日時間内容開催地お申込み
8/2119:00~
21:00
また会いたいと思われるコミュニケーション術東京(九段下)残席わずか
9/1219:00~
21:00
非常識なキャリアデザイン東京(九段下)申込はこちらから
9/2419:00~
21:00
スポーツ業界へのはじめの一歩
〜新卒1年目が語る学生のうちにすべき事〜
東京(九段下)残席わずか
10/119:00~
21:00
失敗学 〜失敗を活かす思考法〜東京(九段下)申込はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA